hrnaua-2017の日記

自分と向き合うためのブログです。

頑張っている自分を見てあげること。

 

「頑張っている自分を見てあげよう。」

 

ずっと言われ続けている言葉。

 

意味もわかるし、

そうしたい気持ちもあった。

 

 けれども、

頑張っている自分を見てあげるって難しいな、

っていうのが率直な感想で。

 

言われて気づくことが多かった。

 

でも、最近はだんだんとその考え方が

染み付き始めている感覚がある。

 

それを顕著に感じるのが、

ヨガの時間。

 

ヨガの時間は、

自然と頑張っている自分をみて、

自分自身にいつもありがとうと

言える自分がいる。

 

ヨガは、「自分自身」を見つめる時間だ。

 

ポーズそのものが大事ではなくて、

 

ポーズに行くまでの過程や、

ポーズを取ることで感じる

心や身体の変化を観察する、

ということを大切にしている。

 

自分自身に向き合うからこそ、

日々の小さな出来事や思考、

身体の変化に気付くことができ、

 

自分頑張っているんだな、と

自然と思えるようになる。

 

また、頑張っていること、というと

なにか成し遂げたこと、とか

目標に向かって頑張っていること、ばかりに

目が行きがちになってまうかもしれないけれど

 

ヨガをやっていると、

 

日々の自分の思考についてきてくれる

身体の頑張りに感謝しよう、

という気持ちが出てくる。

 

例えば、

美味しく食べたごはんを頑張って消化してくれてありがとう、とか。

 

美味しく飲んだお酒を頑張って消化してくれてありがとう、とか。

 

逆に、今日は睡眠時間短くて無理させてしまってごめんね、

でも、起きて頑張って

動いてくれてありがとう、とか。

 

ヨガの時間に言っていた言葉で

印象に残っているものがある。

 

「ヨガのレッスンを受けると決めた自分の選択に尊敬の念を持ち、

今日のレッスンを頑張りぬいた自分の身体に感謝をして、

レッスンを終わります」

 

一言一句同じなわけではないけれど、

そんなことを言っていた。

 

なるほど、そういうことなのか。

 

頑張れているのは

自分の思考や意志(頭)だけのおかげではなく、

そこについてくる身体があるからなんだ。

 

それを改めて実感した。

 

頑張っている自分を見てあげること、って

大切なんだなと強く実感した。

 

頑張っている自分をみることを、

難しいと感じていた当時の私は、

自分の意志・思考(頭)での

頑張りばかりを見ていたから

頑張っている自分を見てあげることが

難しく感じてしまったのかな、

と思った。

 

自分の意志についてきてくれる身体にまで

意識を向けることで、

素直に自分自身に向かって

頑張ってくれてありがとう、と言えるなって。

 

そんな優しい気持ちになれる

ヨガってすごいな。

 

浸透してきたとはいえ、

日常の生活の中では、

頑張っている自分を忘れてしまうこともある。

指摘されて気づくこともまだ多い。

 

だから、

日常の中でも自分自身を見てあげられるように、

なりたいな、って。

 

頭と身体があって初めて、

自分という人間がいる。

 

当たり前だけど、

少し忘れがちなことに目を向けて

一日一日を歩んでいきたいな。

 

そして、自分自身を助けてあげられるようになりたい。

 f:id:hrnaua-2017:20170704104238j:image

おはる